どんな眼鏡で見ていますか?

公開日: : 伝わる言葉選び , , ,

最近、
つくづく、つくづく思う。

今の時代に生きていられてよかったーと。

たまに
「昔はよかった」という人に出くわすのですが、
昔の何を見ているの?と思います。

昨日Twitterに流れてきたコレ。

ウチの母(昭和12年生まれ)は
左利きだったけど、強制的に直されたと言ってました。

遺伝なのか何なのか、私も左利き(お箸だけ)ですが
母は
「自分は自分、他人は他人。他人に合わせなくて良い」という教育方針だったもので、そのまま放置してくれました。

私が小さい時は左利きの人は少なくて、
よく驚かれたり、
友達のお母さんからは
「お母さん、左利きなおしてくれなかったの?あーお母さんそんな時間ないのかなー。片親だもんねー」

とか言われたり・・・

片親!
今そんな言葉は残っているのかなー。

母子家庭だったもので
その他にも
「お父さんいないの?かわいそうにー」

などなど・・・
まー、あちこちに偏見の目がありました。

右利きが普通。
両親が揃っているのが普通。

「偏見とは十分な根拠もなしに他人を悪く考えること」
(ゴードン・オルポート)

大人になって、
有名人にも左利きの人がいたりして、
世間の偏見もなくなってきたように思っていましたが、
23歳ぐらいの時、居酒屋さんのカウンターで飲んでたら、
隣に座っていた年配のご夫婦から

「すみません、あなた左利きなんですね。
失礼ですけど、今まで困ったり、変な目で見られたり苦労したことってないですか?」

と聞かれたことがありました。

なんでもお孫さんが左利きでなおした方がいいのか悩んでいるとのこと。

まだそんなことで悩む人がいるんだー
衝撃でした。

もちろん答えは

まったく!

何の問題もありません。

老夫婦の安堵した表情。

昔の人は大変だったのね。

いや・・・
ほんとに先人の生きていた世界はすごかったのです。
昔の人、スゲー!!!!!!!!
そんな世の中を生き抜いてくれてありがとうございました!
と感謝の泉が湧いた1冊。

読売新聞人気コラム「人生案内」、なんと過去100年分から珍相談、名回答をここに 厳選!  「妻が処女ではなかったので離縁すべきか」「復員したら、妻子すでに親友と」 「孫を抱きたいなら手を消毒しろと嫁が言う」……。 恋に結婚、家族や友人、仕事、生き方。 抱腹絶倒、悲喜こもごも。 新聞を広げれば、やっぱり『きょうも誰かが悩んでる』!

今の時代は良くなったなーと思うけれど、
やはり、偏見はありますね。

昨日流れてきた
勝間和代さんのカミングアウトのニュースを読んで

今は
「私、左利きなんです!」ってわざわざ言う人がいないように

同性同士の恋愛も左利きレベルになればいいなー。と思いました。

あと!!!

子どもをもつことも。

日本人の多くは
「子どもをもつということは自分たちの子どもを産むこと」
という選択肢しかないと思っているけれど

「里親として子どもと暮らす」

という選択肢があることを知ってほしい。

ワタクシが理事をしております
NPO法人日本こども支援協会
里親制度の普及をしています。

お手伝いくださる方を募集しています!

多種多様な価値観を認め合う社会が理想。

10年後はどうなっているんでしょうねー。

AIで人の仕事がなくなるとか言われてますが
私は未来が楽しみですけどー。

読んでてワクワクゾクゾクしました。

これからも
新しい価値観が生まれていくのが楽しみ。

お家でつながって
新しい心理学(選択理論心理学)を

ビデオチャット(Zoom)で学んでます。

選択理論心理学

インターネットのある今の時代、最高!

先人のみなさまー
ありがとうー!

関連記事

プレゼンテーション

ズバリ!【ナニを言ってるか < だれが言ってるか】

「この人が言ってることなら絶対だわ」 「この人のオススメなら使ってみるわ」 自分にとっての

記事を読む

里親の日

まずは知ることから【里親って???】

ワタクシのライフワークのひとつ、 NPO法人日本こども支援協会の 「里親制度の啓発活動」

記事を読む

ラ・ラ・ランド

会いたい人に会えた【ラ・ラ・ランド】

今さらですが、コレ観ました? 【ラ・ラ・ランド】 映画評を繰り広げる気は毛頭ないので

記事を読む

質問カレンダー

カレンダー発売!

明けましておめでとうございます! 良質な1日は良質な質問から 質問カレンダー作りました。

記事を読む

文章講義

再読【20歳の自分に受けさせたい文章講義】

「書くことは、考えること。」 ブログを書くことから逃げ始めたら、 この本を取り出

記事を読む

050

課題図書

子どもの時は 大人になったら勉強しないものだと思ってましたよ。 大人になってからの方が、

記事を読む

映画泥棒

ワタシが映画館に行く理由(だれが興味あんねんー)

タイトルの「だれが興味あんねんー」の元ネタは コチラ↓ まー、興味ないかもしれませんけど

記事を読む

オンライン自習室

うんざり質問_オンライン自習室編

しつもんオバケと呼ばれているワタシも、人から質問を受けることがあります。 辛辣かもしれませんが

記事を読む

させていただきます

蔓延中【させていただきます症候群】

お客さまの文章を編集していると 頻繁に出てくる「◯◯させていただきます」。 使うべきところに

記事を読む

0-01

インプットの質の向上は◯◯◯◯ッ◯にあり

最近、大阪某所で流行っている穴埋めクイズ。 撮影協力:ル・クロ本店

記事を読む

Kindle
【悲報】サヨナラKindle1代目

初代Kindleがうんともすんとも言わなくなりました。

050
課題図書

子どもの時は 大人になったら勉強しないものだと思ってましたよ。

3
継続する力

昔から自分のこと、 「物事を継続する力がない」と思い込んでおりました

Google デジタル ワークショップ
Google デジタル ワークショップ

多くの人がそうであるように、 新しい年になるとはじめたくなるんですよ

ipad
iPadで書いてみた【猫ワーキングスペース】

昨年3月にOPENした猫ワーキングスペース。 【ねこワーキングス

→もっと見る

PAGE TOP ↑