聞きたいことが出てこない・・・【お助けしつもん本】

公開日: : 最終更新日:2016/07/18 伝わる言葉選び , ,

何かに行き詰ったとき、悩んだとき、迷ったとき・・・
「答えはすべて自分の中にある」とは、よく聞くお言葉。

正しさや他人の評価を気にしていると、外側に答えを探してしまいがちです・・・が!

答えが自分の中以外にあるワケがないんだよ。

image

自分への質問

「ワタシはどうしたいの?」
「ワタシはどんな風になりたいの?」

単刀直入に聞いて

「はい!○○です!」

と、
素直に出てくる人の方が少ないと思うのですよ。

今まで聞いてこなかった自分自身へ
質問し慣れていない自分自身へ
どんな言葉を投げかければいいのでしょう。

オススメの質問本

困った時は人の力を借りましょう。
オススメの質問本を3冊ご紹介~

テレビや雑誌などでおなじみの精神科医・名越康文氏のドストレートな質問集です。

「そんなこと聞かれたことないわー」
な唸る質問のオンパレード。

質問の裏に掲載されている名越さんの回答にも膝を打ちまくります。

2冊目は。。。

著者は平成の質問王(勝手に命名)マツダミヒロさん。

偉人たちの名言を
マツダミヒロさんが質問に変えて問いかけるという内容です。

常に質問目線!

マツダミヒロさんのしつもん書籍の中で、
この「賢人たちからの運命を変える質問」が一番お気にいり。

最後のしつもん本は山田ズーニーさん

山田ズーニーさんは
進研ゼミの小論文編集長を経て、独立、フリーランスに。
現在の肩書は文章表現・コミュニケーションインストラクター。
山田ズーニーさんを最初に知ったのは有名なコチラの書籍。

いつも本質的で、端的で
「やり方」ではなく「あり方」を示してくれる、
憧れの表現者のひとりです。

著者からのコメントを読めばこの本の良さが伝わるかと。
↓↓
唐突だが、「あなたの出番だ!」と告げるため、私はこの本を書いた。
私たちは今まで、たくさんの情報をインプットしてきた。
でも、アウトプットはどうだろう?
あなたの内面を形にし、人に通じさせること、それがアウトプットだ。
あなたの想いを引き出し、整理し、言葉とピタッ!と一致させる作業、
それが「考>える」ことだ。
この本は、「考える」ことが楽しくできる。手で書いて、
ほしい人の気持ちをつかみとろう!
想いを表現するのは今。世界もそれを待っている。 あなたの出番です!
———————————–

聞きたいことがあるのは、関心があるから。
関心があるのは、好きだから。

投げかけてあげましょう。一番近い存在のワタシに。

関連記事

現場☓橋爪事務所

勇者ヨシヒコ【出会いの旅】

タイトルの勇者ヨシヒコとは我が夫。 「また夫婦ネタかよ」 とお思いの方もいらっしゃる

記事を読む

文章講義

再読【20歳の自分に受けさせたい文章講義】

「書くことは、考えること。」 ブログを書くことから逃げ始めたら、 この本を取り出

記事を読む

プレゼント

今年の1冊目【読んで行動】

「2018年の1冊目に選んだ本は何ですか?」 私は・・・ 【日本一の大投資家から

記事を読む

01

波乱の初出展!【やらなわからしまへんで】

初めてのことをするというのは ワクワクもしますけど、緊張もしますもので、ね。 初めての オ

記事を読む

0-01

インプットの質の向上は◯◯◯◯ッ◯にあり

最近、大阪某所で流行っている穴埋めクイズ。 撮影協力:ル・クロ本店

記事を読む

クリスの部屋

部屋ブーム到来!?【クリスという男の部屋】

うっかり見つけたハイテンション青年のコノ動画。 「日本語かよっ!」 コケ

記事を読む

取材

質問オバケがいく!【美人ランチ取材】

「美味しいランチを食べながら、美人のお話しを聞く仕事です」 こんなWEB広告が流れてきたら間違いな

記事を読む

イヂワル質問

自社の魅力を引き出すイヂワル質問

WEBの世界に身をおいて十数年ですが よく 「オオニシさんって何やってる人なんですか?」と聞かれま

記事を読む

WEBライティング

わかりやすい文章を書く!3つのポイント

お客さまから送られてくる原稿を 編集することもワタクシの仕事のひとつ。 これが たまらなく

記事を読む

SEO webライティング

WEBライティング勉強会 IN JAM STOREさん

「広告のことなら、おまかせあれ!」な、 大阪のクリエイティブチーム JAM STOREさんで、

記事を読む

Kindle
【悲報】サヨナラKindle1代目

初代Kindleがうんともすんとも言わなくなりました。

050
課題図書

子どもの時は 大人になったら勉強しないものだと思ってましたよ。

3
継続する力

昔から自分のこと、 「物事を継続する力がない」と思い込んでおりました

Google デジタル ワークショップ
Google デジタル ワークショップ

多くの人がそうであるように、 新しい年になるとはじめたくなるんですよ

ipad
iPadで書いてみた【猫ワーキングスペース】

昨年3月にOPENした猫ワーキングスペース。 【ねこワーキングス

→もっと見る

PAGE TOP ↑