ワタシが映画館に行く理由(だれが興味あんねんー)

タイトルの「だれが興味あんねんー」の元ネタは
コチラ↓

まー、興味ないかもしれませんけど続けましょう。

毎月1回必ず映画を観るようになって丸4年。

2013年からはじめた「SMN(水曜ムービーナイト)」
記念すべき1本目は

▼内容
フランスの鬼才レオス・カラックスが、オムニバス「TOKYO!」(2008)以来4年ぶり、長編では「ポーラX」(1999)以来13年ぶりに手がけた監督作。生きることの美しさへの渇望に突き動かされる主人公オスカーが、富豪の銀行家、殺人者、物乞いの女、怪物など、年齢も立場も違う11人の人格を演じながら、白いリムジンでパリを移動し、依頼主からの指示を遂行していく姿を実験的な映像とともに描き出していく。

 

4年間毎月1本映画館!我ながらよく守れてるわー。
その理由は・・・

毎月必ずを守れている理由と2016年のベスト作品【映画の会をしております】

最近はAmazonプライムビデオでも映画鑑賞できるようになりましたが(しかもタダ!!)
Amazonプライムビデオ
やはり映画館で観るのは特別で格別。
強制的に集中できる機会がありがたい。

贅沢な時間です。

なぜ映画館で映画を観るのか

新書風に・・・
新書

自分なりに考えてみた3つの理由

1:臨場感、迫力
言わずもがな、ですよ。
そもそも映画って映画館で観ることを想定してつくられてますよね?

2:非日常。現実から離れて作品に集中できる
スマホの電源も切って、ただ映画を観るために全神経を集中させる。
家で観ていると味わえない。

3:最新の作品を観られる
最新作を観ることができるのは映画館だけでしょう。
新しい作品を観るためには映画館に行かざるを得ない。

こんな本が売っていましたわ。

無料でいつでも観られるという至れり尽くせりな環境では
観ないもんなんだなー。
それに早送りできたりしますし。。。

不便があってこそ良いということもあるもんです。

今月の1本はコチラですー
T2 トレインスポッティング

関連記事

文章講義

再読【20歳の自分に受けさせたい文章講義】

「書くことは、考えること。」 ブログを書くことから逃げ始めたら、 この本を取り出

記事を読む

質問カレンダー

カレンダー発売!

明けましておめでとうございます! 良質な1日は良質な質問から 質問カレンダー作りました。

記事を読む

させていただきます

蔓延中【させていただきます症候群】

お客さまの文章を編集していると 頻繁に出てくる「◯◯させていただきます」。 使うべきところに

記事を読む

01

波乱の初出展!【やらなわからしまへんで】

初めてのことをするというのは ワクワクもしますけど、緊張もしますもので、ね。 初めての オ

記事を読む

映画

今月のワタシが観たい映画を観る会【みんなが観たいヤツだった!】

毎月1本、必ず映画館に行く。 そのために結成したSMN(水曜ムービーナイト) 経緯は→【

記事を読む

WEBライティング

読書量と書く技術は比例する?

コピーライター、文筆家など、 書くことを生業にしている方の“文章上達法”を読むと、 結構な割合で

記事を読む

WEBライティング

わかりやすい文章を書く!3つのポイント

お客さまから送られてくる原稿を 編集することもワタクシの仕事のひとつ。 これが たまらなく

記事を読む

取材

質問オバケがいく!【美人ランチ取材】

「美味しいランチを食べながら、美人のお話しを聞く仕事です」 こんなWEB広告が流れてきたら間違いな

記事を読む

読書

自分ルール【そのこだわりはどこから?】

“自分ルール”や“こだわり”。 だれもが、いくつかは持っていると思います。 ワタクシは最近ひ

記事を読む

イヂワル質問

自社の魅力を引き出すイヂワル質問

WEBの世界に身をおいて十数年ですが よく 「オオニシさんって何やってる人なんですか?」と聞かれま

記事を読む

質問カレンダー
カレンダー発売!

明けましておめでとうございます! 良質な1日は良質な質問から

クリスの部屋
部屋ブーム到来!?【クリスという男の部屋】

うっかり見つけたハイテンション青年のコノ動画。

3ヶ月先まで予約の取れないカメラマン【大隈英知氏の「仕事論」】
振り返り【3ヶ月先まで予約の取れないカメラマン -大隈英知氏の「仕事論」-】

もうすぐ12月。 本日11/27は、365日分の331日。

しつもん
朗報!?【しつもん力を上げたくてアゲたくて震えている方へ】

もしかしたら、 世の中の8割ぐらいのみなさんは、 薄々気づいてらっ

里親の日
まずは知ることから【里親って???】

ワタクシのライフワークのひとつ、 NPO法人日本こども支援協会の

→もっと見る

PAGE TOP ↑