ワタシが映画館に行く理由(だれが興味あんねんー)

タイトルの「だれが興味あんねんー」の元ネタは
コチラ↓

まー、興味ないかもしれませんけど続けましょう。

毎月1回必ず映画を観るようになって丸4年。

2013年からはじめた「SMN(水曜ムービーナイト)」
記念すべき1本目は

▼内容
フランスの鬼才レオス・カラックスが、オムニバス「TOKYO!」(2008)以来4年ぶり、長編では「ポーラX」(1999)以来13年ぶりに手がけた監督作。生きることの美しさへの渇望に突き動かされる主人公オスカーが、富豪の銀行家、殺人者、物乞いの女、怪物など、年齢も立場も違う11人の人格を演じながら、白いリムジンでパリを移動し、依頼主からの指示を遂行していく姿を実験的な映像とともに描き出していく。

 

4年間毎月1本映画館!我ながらよく守れてるわー。
その理由は・・・

毎月必ずを守れている理由と2016年のベスト作品【映画の会をしております】

最近はAmazonプライムビデオでも映画鑑賞できるようになりましたが(しかもタダ!!)
Amazonプライムビデオ
やはり映画館で観るのは特別で格別。
強制的に集中できる機会がありがたい。

贅沢な時間です。

なぜ映画館で映画を観るのか

新書風に・・・
新書

自分なりに考えてみた3つの理由

1:臨場感、迫力
言わずもがな、ですよ。
そもそも映画って映画館で観ることを想定してつくられてますよね?

2:非日常。現実から離れて作品に集中できる
スマホの電源も切って、ただ映画を観るために全神経を集中させる。
家で観ていると味わえない。

3:最新の作品を観られる
最新作を観ることができるのは映画館だけでしょう。
新しい作品を観るためには映画館に行かざるを得ない。

こんな本が売っていましたわ。

無料でいつでも観られるという至れり尽くせりな環境では
観ないもんなんだなー。
それに早送りできたりしますし。。。

不便があってこそ良いということもあるもんです。

今月の1本はコチラですー
T2 トレインスポッティング

関連記事

文章講義

再読【20歳の自分に受けさせたい文章講義】

「書くことは、考えること。」 ブログを書くことから逃げ始めたら、 この本を取り出

記事を読む

WEBライティング

わかりやすい文章を書く!3つのポイント

お客さまから送られてくる原稿を 編集することもワタクシの仕事のひとつ。 これが たまらなく

記事を読む

映画

全部したいようにしたら、そこには感謝しか生まれないんだもの。

2013年からはじめた 【ワタシが観たい映画を観る会】 「一人で行けよ、おいっ」って話ですけ

記事を読む

田辺

かしこい人はひらく人

メーラーを開くと 資料請求をしたシステム会社からのメール。 「あぁぁ・・・この会社アカンわ・・・」

記事を読む

黒板

見せざる、言わざる、ゆだねる

突然ですが、 最近グッときたチラシ。 【里親制度】の啓発のためのものです。

記事を読む

オンライン自習室

うんざり質問_オンライン自習室編

しつもんオバケと呼ばれているワタシも、人から質問を受けることがあります。 辛辣かもしれませんが

記事を読む

読書

自分ルール【そのこだわりはどこから?】

“自分ルール”や“こだわり”。 だれもが、いくつかは持っていると思います。 ワタクシは最近ひ

記事を読む

01

波乱の初出展!【やらなわからしまへんで】

初めてのことをするというのは ワクワクもしますけど、緊張もしますもので、ね。 初めての オ

記事を読む

オンラインフェス

オンラインフェス出展!【しつもんワークショップ】

今年の1月に参加したオンラインフェス。 (オンラインでどんなことができるのかを、お祭り気分で探究し

記事を読む

提案書

ご査収ください【夫からの提案書】

「わたし」から「わたしたち」に変わった今年。 結婚して3ヶ月。 同居して3週間。 「わ

記事を読む

里親の日
まずは知ることから【里親って???】

ワタクシのライフワークのひとつ、 NPO法人日本こども支援協会の

現場☓橋爪事務所
勇者ヨシヒコ【出会いの旅】

タイトルの勇者ヨシヒコとは我が夫。 「また夫婦ネタかよ」

ラ・ラ・ランド
会いたい人に会えた【ラ・ラ・ランド】

今さらですが、コレ観ました? 【ラ・ラ・ランド】 映画

提案書
ご査収ください【夫からの提案書】

「わたし」から「わたしたち」に変わった今年。 結婚して3ヶ月。

01
波乱の初出展!【やらなわからしまへんで】

初めてのことをするというのは ワクワクもしますけど、緊張もしますもの

→もっと見る

PAGE TOP ↑