撮る前に8割の勝負は決まっている

公開日: : 最終更新日:2016/03/02 写真で伝わること , , ,

開いたWEBサイトの写真1枚が、
会社や店舗の印象を瞬時に決めてしまうかもしれません。

パッと見3秒ですから。

撮影のプロじゃないワタシですが、
仕事がら、取材のついでに撮影もするということが増えまして、
これは勉強せんといかんぜよ!
ということでデジカメ教室に行ったり、
撮影マニュアル本を読んだりしました。

勉強したところで、撮らなきゃ上達しませんので、ね。
友人にモデルを頼んで撮影会を開催。1日で最高900枚撮りました。
(数を撮ればいいというものではないですが・・・)
さすがにTHE全身疲労。

カメラマンのみなさんはプロですので
もっと撮影枚数が少ないでしょうけど・・・。
それにしても、体力がないとできない仕事だと思います。
尊敬。

【いいね!な、WEBサイト】

「このサイト、イイね!だなぁ~」と思うWEBサイトは、
たいてい写真が素晴らしい。

あるWEBデザイナーさんは
「とんでもない写真がきたときは泣きそうになる」
と言ってました。

【イイね!な写真を撮るには?】

ひとまず、撮影技術は横に置いて、
そのほかに重要なこと。

それは、「意図をもって撮る」こと。

WEBサイトに使う画像で
「なんとな~く撮ったらイイのが撮れたので、コレをトップページに使いましょう」
とか・・・
ありえないですから!残念!

【意図をもって撮る とは?】

撮る前にまず決めることがあります。
それは次の2種類のどちらを撮るのか。

1:イメージ写真
2:説明写真

●イメージ写真
・・・雰囲気やムードを伝えるもの。見た人にどのような印象を抱いてほしいかを考え雰囲気重視で撮ります。

●説明写真
・・・細部まで正確に見えるもの。商品の中身や質感を伝えるために撮ります。ECサイトは特に重要。
イメージ写真ばかりの服は買わないでしょう。

意図をもって撮るとは、目指すゴールをもって撮るということ。

“どこに”(場所)“どんな目的で”(伝えたいこと)“どんな写真を”(構成)使うのか
を考えます。

例えば・・・
▼韓国料理屋さんのWEBサイト
メニューのページに(場所)
品数が豊富なことが伝わるように(伝えたいこと)
全体の説明写真を使う(構図)

韓国料理

▼中華料理屋さんのWEBサイト
トップページの上段に(場所)
イチオシの麻婆豆腐の美味しさが伝わるように(伝えたいこと)
接近のイメージ写真を使う(構図)

麻婆豆腐イメージ画像

【まとめ】

伝えたいことを明確にして
それが伝わるにはどんな写真が最適かを考えて。。。
たくさん撮る!

▼撮影勉強本の1冊

▼本日のタイトルはコチラの本からいただきましたww
セールスの王道ですが、
すべての人に読んでほしい1冊。

【本日のお言葉】
パブロ・ピカソ

明日描く絵が一番素晴らしい

パブロ・ピカソ

関連記事

ミーちゃん

住み開き【ねこワーキングスペース】

それは2ヶ月前のこと。。。 Facebookを見ると 我が家が“住み開き”されておりました。

記事を読む

カメラ

千里の道も一歩から【料理撮り】

今や一億総カメラマン時代。 ワタクシも仕事がら WEBサイト(ホームページ)に使う写真を撮っ

記事を読む

3ヶ月先まで予約の取れないカメラマン【大隈英知氏の「仕事論」】

振り返り【3ヶ月先まで予約の取れないカメラマン -大隈英知氏の「仕事論」-】

もうすぐ12月。 本日11/27は、365日分の331日。 2017年終盤、 少しだけ

記事を読む

撮影

ハッとして、パチッとして。ポチっとアップ。

今まで撮った中でも、すんごい気に入ってるのが この写真。 これは赤穂のお宿【

記事を読む

ゴミ箱

捨てシャリストの【ナシ生活3ヶ月目】

知ってる人は知っている。 ワタクシの捨てシャリストっぷり。 この1年で2回の引っ越しを経て、

記事を読む

スマホ撮影

Facebook「考えてるね!」なカバー写真

WEBサイト、ブログ、Facebook、twitter・・・ 個人でどんどん発信できる時代。

記事を読む

oni-shi-024

喜んでいる人【プラス思考を越えたトコロ】

定期的に会いたくなる メンターのようなお方。 超有名人“西川順子”さん。 19

記事を読む

img_5002.jpg

惜しみなく提供する【竹中大工道具館】

写真撮影し放題! 触りたい放題(一部ダメなところもあります) 竹中大工道具館

記事を読む

55

撮りまくっても、使えるのはたった数枚という儚さ

Facebookに載せたら 好評だった写真。 箒で飛んでるような写真でございます。

記事を読む

img_7997.jpg

思わず撮りたくなるシーン

美しい、かわいい、変わってる… 思わず写真におさめたくなるシーンってありませんか? ワタ

記事を読む

PAGE TOP ↑