ワタシが映画館に行く理由(だれが興味あんねんー)

タイトルの「だれが興味あんねんー」の元ネタは
コチラ↓

まー、興味ないかもしれませんけど続けましょう。

毎月1回必ず映画を観るようになって丸4年。

2013年からはじめた「SMN(水曜ムービーナイト)」
記念すべき1本目は

▼内容
フランスの鬼才レオス・カラックスが、オムニバス「TOKYO!」(2008)以来4年ぶり、長編では「ポーラX」(1999)以来13年ぶりに手がけた監督作。生きることの美しさへの渇望に突き動かされる主人公オスカーが、富豪の銀行家、殺人者、物乞いの女、怪物など、年齢も立場も違う11人の人格を演じながら、白いリムジンでパリを移動し、依頼主からの指示を遂行していく姿を実験的な映像とともに描き出していく。

 

4年間毎月1本映画館!我ながらよく守れてるわー。
その理由は・・・

毎月必ずを守れている理由と2016年のベスト作品【映画の会をしております】

最近はAmazonプライムビデオでも映画鑑賞できるようになりましたが(しかもタダ!!)
Amazonプライムビデオ
やはり映画館で観るのは特別で格別。
強制的に集中できる機会がありがたい。

贅沢な時間です。

なぜ映画館で映画を観るのか

新書風に・・・
新書

自分なりに考えてみた3つの理由

1:臨場感、迫力
言わずもがな、ですよ。
そもそも映画って映画館で観ることを想定してつくられてますよね?

2:非日常。現実から離れて作品に集中できる
スマホの電源も切って、ただ映画を観るために全神経を集中させる。
家で観ていると味わえない。

3:最新の作品を観られる
最新作を観ることができるのは映画館だけでしょう。
新しい作品を観るためには映画館に行かざるを得ない。

こんな本が売っていましたわ。

無料でいつでも観られるという至れり尽くせりな環境では
観ないもんなんだなー。
それに早送りできたりしますし。。。

不便があってこそ良いということもあるもんです。

今月の1本はコチラですー
T2 トレインスポッティング

関連記事

最軽量のマネジメント

2020年1冊目

2020年1冊目はこちらの本。 サイボウズの副社長山田さん初の著書 『最軽量のマネジメント』

記事を読む

取材

質問オバケがいく!【美人ランチ取材】

「美味しいランチを食べながら、美人のお話しを聞く仕事です」 こんなWEB広告が流れてきたら間違いな

記事を読む

教会

今週のNEO【日曜礼拝】

家から歩いて5分ぐらいのところに教会があります。 とある日曜日 今まで自分から行ったことはな

記事を読む

映画

全部したいようにしたら、そこには感謝しか生まれないんだもの。

2013年からはじめた 【ワタシが観たい映画を観る会】 「一人で行けよ、おいっ」って話ですけ

記事を読む

ログ

ログを取るという実験

タイトルの、 「ログを取る」という言葉は、記録(履歴)を残すという意味で使われます。 ワタク

記事を読む

Zoomセミナー(主催者向け)

Zoomセミナー開催(主催者向け)開催レポ!

4/26(日)に人数限定のZoom使い倒し会(ホスト用)を初開催しました。 6人限定でワタクシは講

記事を読む

質問

聞きたいことが出てこない・・・【お助けしつもん本】

何かに行き詰ったとき、悩んだとき、迷ったとき・・・ 「答えはすべて自分の中にある」とは、よく聞くお

記事を読む

01

波乱の初出展!【やらなわからしまへんで】

初めてのことをするというのは ワクワクもしますけど、緊張もしますもので、ね。 初めての オ

記事を読む

プレゼント

今年の1冊目【読んで行動】

「2018年の1冊目に選んだ本は何ですか?」 私は・・・ 【日本一の大投資家から

記事を読む

里親の日

まずは知ることから【里親って???】

ワタクシのライフワークのひとつ、 NPO法人日本こども支援協会の 「里親制度の啓発活動」

記事を読む

PAGE TOP ↑