ご査収ください【夫からの提案書】

「わたし」から「わたしたち」に変わった今年。

結婚して3ヶ月。
同居して3週間。

「わたしの住まい」から「わたしたちの住まい」へ。

「わたしのゴハン」から「わたしたちのゴハン」へ。

小さなコトでは、
「わたしのKindle」から「わたしたちのKindle」へ。

KindleとはAmazonの電子書籍リーダーのことです。
こういうの。

ワタクシ、
Kindleを2台持っているので
片方を夫に譲渡。

譲渡すると、
ワタクシのKindle本がすべて閲覧できる状態に。
本当は書籍ごとに貸し借りできるようなサービスがあったらいいんですけど・・・。

まー
隠さないといけない本があるワケでもなし。
オープンにいきましょう。

ちなみにアメリカでは、
家族間でKindle電子書籍の共有ができる「Family Library」がありますが
日本バージョンのリリースは未定だそうです。

Kindleはワタクシのアカウントと紐付いているので
夫は、読みたいKindle本があれば
ワタクシにおねだり(リクエスト)しないといけません。

今回初リクエストいただいたのはコチラの書籍。

話題の本ですね。

キングコング西野さんのブログで
プロローグが全公開されています。

【人生の勝算】

プロローグを読んでおもしろそうと感じたものの
なぜかしら、ポチっとするには至らなかった本です。

それが今、
夫から「人生の勝算を読みたい」というリクエスト。

すぐさま、

「OK!」ポチっ。

としても良さそうなものですが
何か物足りない・・・。

買うのはカンタン。

でも、
アナタはその本をどれくらい求めているのか・・・。

喉から手が出るほどに欲しいのかー

ん?
ん?
ん?

本気、みせてもらおうやないか。

ということで、

夫婦間でまさかの、

「提案書もらえますかー」

提案書出す出さないは夫の選択。

提案書出すのがめんどくさかったら
Kindleじゃなく自分で買うだろうし。

Kindleで買うなら支払いはワタシ。
その場合は提案書がほしいです。

それだけのこと。

「世界はシンプルである」

アドラー

と、アドラーも言っておりますね。

数日が経ち・・・

ツイッター

やってきました!

「人生の勝算」購入のご提案

全スライド→【「人生の勝算」購入のご提案】

ご査収ください。

ワタシのメリットのためにも(!?)
課題図書でございます。

—————
今の課題図書
—————
積読になる前に。。。

「悪魔を出し抜け」
タイトルが秀逸。

「思考は現実化する」が示したのは、成功へのロードマップだった。
『悪魔を出し抜け』では、あなたを躊躇させている、その「障害物」を 取り除く方法が示されている
-ブライアン・トレーシー

同時に読んでるコチラもね。

人生最大の秘密の扉を開く・・・

消費されることなく、枯渇することなく、
永遠に役立ち続けるお金の使い方。お金とあなたの関係を次元シフトするかつてない最高にエキサイティングな本。

関連記事

050

課題図書

子どもの時は 大人になったら勉強しないものだと思ってましたよ。 大人になってからの方が、

記事を読む

本棚

【厳しさは現実から、人からは優しさを】名言探訪

ワタクシの中でとても大切にしている言葉 「厳しさは現実から。人からは優しさを」 「その言葉よ

記事を読む

サムハラ神社御守

おみくじメッセージ【悪を改め…】

大阪市西区に住み始めて2年目。 初詣は自宅近所のサムハラ神社へ。 指輪の御守りが有名な神社で

記事を読む

0-01

インプットの質の向上は◯◯◯◯ッ◯にあり

最近、大阪某所で流行っている穴埋めクイズ。 撮影協力:ル・クロ本店

記事を読む

振り返り

2018年前半振り返り【チャレンジTOP3】

いつの頃からか 1/2成人式という儀式(?)が小学校でスタンダードになっているらしいですね。

記事を読む

Kindle

【悲報】サヨナラKindle1代目

初代Kindleがうんともすんとも言わなくなりました。 こういう時はGoogle先生に

記事を読む

現場☓橋爪事務所

勇者ヨシヒコ【出会いの旅】

タイトルの勇者ヨシヒコとは我が夫。 「また夫婦ネタかよ」 とお思いの方もいらっしゃる

記事を読む

読書

自分ルール【そのこだわりはどこから?】

“自分ルール”や“こだわり”。 だれもが、いくつかは持っていると思います。 ワタクシは最近ひ

記事を読む

オンラインフェス

オンラインフェス出展!【しつもんワークショップ】

今年の1月に参加したオンラインフェス。 (オンラインでどんなことができるのかを、お祭り気分で探究し

記事を読む

田辺

かしこい人はひらく人

メーラーを開くと 資料請求をしたシステム会社からのメール。 「あぁぁ・・・この会社アカンわ・・・」

記事を読む

PAGE TOP ↑